/

オイシックス、医療現場に食料品 メーカーと連携

生鮮宅配のオイシックス・ラ・大地は医療従事者向けに飲食料品を供給する事務局を立ち上げた。飲食料品を提供したい大手の食品メーカーなどと、支援を必要とする都内の病院を仲介する。既に食品メーカーなど35社と提携しており、無料のサポートを始めた。ホテルやタクシー業界などでも医療従事者向け支援が広がっており、同社は「食」で応援する。

立ち上げたのは食料などの支援プラットフォーム「ウィー・サポート」。オイシックスのほかセイノーホールディングス傘下で食品宅配事業を手がけるココネット(東京・中央)と、社会課題解決に取り組む一般社団法人「RCF」(同・港)が参画した。

オイシックスは事務局内で都内の病院と企業をマッチングする。セイノーの持つ物流センターに企業の食品や飲料を集荷、ココネットが管理と各病院への配送を担う。RCFは協賛企業や支援先病院の情報を事務局に提供する。

協賛企業は23日時点で35社。みそ汁の提供を予定する味の素や、飲料大手の伊藤園などが参加している。衛生面に配慮して常温保存できる個包装の商品が対象で、500個以上であれば支援できる。

長期化する新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場の負担は増えている。オイシックスが国内の病院にヒアリングしたころ、「満足に食事を取れていない」といった医療従事者の声があったという。支援の範囲を順次広げることも検討している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン