コロナで浮かぶ安全保障

風見鶏
峯岸 博
2020/4/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

感染症に襲われたオリンピックは東京だけではない。2016年ブラジルでのリオデジャネイロ五輪開幕前にジカ熱が広まり、参加を辞退する選手が続出した。18年平昌冬季五輪はノロウイルスに選手が感染したほか、警備員ら約1200人が隔離され、代わりに兵士が任務にあたった。

冷戦終結後の1990年代から紛争やテロ、自然災害、感染症のまん延などによる犠牲者が戦死者を上回った。そこに国際貢献を模索していた日本外交…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]