/

この記事は会員限定です

今こそ、笑いを 作曲家 池辺晋一郎

[有料会員限定]

小学校のころ、クラスでまとまって映画を観(み)に行くということが、年に何度かあった。たいてい(当時の)文部省特選映画だ。それが「いい映画」の証明。観ると、いつも泣いた。いい映画は、必ず悲しい。なぜそう決まっているのだろうと、子ども心に不思議だったものだ。

古代ギリシャでは、悲劇と並んで喜劇も盛んだったはず。日本にも古くから狂言がある。喜劇の地位は、決して低くないはずだ。室町期には言葉遊びがはやった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン