/

この記事は会員限定です

「駆邪逐疫」の中国史 膨大な動員、犠牲覚悟の「戦争」

疫病の文明論(7) 加藤徹(中国文学者)

[有料会員限定]

「疫(えき)は役(えき)なり」。古代中国人にとって、疫病は、天が人民に均等に割り当てる苦役であり、戦役だった。

中国最古の字書『説文解字(せつもんかいじ)』に「疫、民皆疾也」とある。疫病とは、天下の人民がみな猛スピードで病気にかかること。中国数千年の歴史は、疫病に対する戦役の繰り返しだった。

「疾」の字源は、病気が矢のような速さで進行すること。「病」は、患者の手足がこわばり横にピンと張り出す(丙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン