市中にコロナ潜在感染者か 慶大病院、無症状6%陽性

2020/4/24 13:02
保存
共有
印刷
その他

手術や入院前の患者にPCR検査をしたところ、67人のうち4人(約6%)が陽性となった(東京都新宿区の慶応大病院)

手術や入院前の患者にPCR検査をしたところ、67人のうち4人(約6%)が陽性となった(東京都新宿区の慶応大病院)

慶応大病院(東京・新宿)が入院や手術前の患者で、新型コロナウイルスの症状がない人に念のためPCR検査をしたところ、約6%で陽性が判明した。市中に「潜在感染者」がいる可能性を示唆する結果だ。国内の感染確認は1日数百人で踏みとどまっているが、さらに検査を増やすなどして実態把握を急ぐ必要がある。

「地域での感染の状況を反映している可能性がある」。慶応大病院が13日から19日の間に、手術や入院前の患者にPCR検査をしたところ、67人のうち4人(約6%)が陽性となった。いずれも新型コロナウイルスを疑う症状はなかったものの、無症状の人から感染するリスクがあるため行った検査だった。

同病院は「病院に来る前に市中感染したと考えられる」と指摘。すでに転院患者や初期研修医などによる院内感染が広がり、新規の外来や入院を制限しているが「院内での感染防止に向けてさらなる策を講じていく必要がある」と警戒を強める。

大学病院のトップで構成する全国医学部長病院長会議は20日、「院内感染を予防するための"水際対策"として無症状の患者に対するPCR検査は必要」と訴え、費用負担を国に求める声明を出した。「市中感染は相当程度広がっている。診察する患者に風邪症状などがなくても感染している前提で対応している」(ある大学病院の医師)という危機感の裏返しだ。

国内の1日の新規感染者数は3月下旬に100人を超え、4月11日には690人に達したが、その後は約300~500人程度で推移している。東京都も100~200人前後で、人口規模が近い都市で2週間早く感染が拡大した米ニューヨーク市のような数千人規模には達していない。

だが22日に開かれた政府の専門家会議後の記者会見では「日本では検査が十分できていないため、市中感染の実態を反映できていないのでは」との質問が続いた。

厚生労働省のクラスター対策班のメンバーで、数理モデルによる感染者数の予測を専門家会議に提示している西浦博・北海道大学教授は「過度に検査のキャパシティー(実施可能件数)が少ないと、予測を誤って低く見積もるリスクがある」と指摘。感染確認数よりも実態は感染者が多いという前提で試算を行っているという。

PCR検査の件数について政府は「1日2万件」を掲げているが、「ドライブスルー方式」など効率的に検体を採取する方法が遅れ、人員不足もあって1日8千件前後にとどまる状態が続く。

専門家会議のメンバーで日本医師会の釜萢敏常任理事は「PCRの検査体制が完全にできていない」と認める。必要に応じて速やかに検査できる体制の構築が急がれる。

(社会保障エディター 前村聡)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]