宿泊・飲食、半年で手元資金枯渇も 中小白書が分析

2020/4/24 10:58
保存
共有
印刷
その他

政府は24日、2020年版の中小企業白書を閣議決定した。新型コロナウイルスの影響を盛り込み、宿泊業や飲食サービス業について「半年間で資金繰り難が深刻になる可能性がある」と分析した。すでに売り上げ減や展示会・商談の延期で影響が生じており、テレワーク環境の整備や事業継続計画(BCP)策定などで非常時に備える重要性を強調した。

白書では、外出自粛に伴う休業で売り上げが入らない場合、給与などの固定費は手…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]