美術史家・山下裕二さん 国宝との出合いは切手

2020/4/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 やました・ゆうじ 1958年広島県生まれ。明治学院大学教授。室町時代の水墨画研究を起点に、現代美術まで様々な絵師や画家の再評価を進める。「岡本太郎宣言」「初老耽美派 よろめき美術鑑賞術」など著書・共著書多数。

■国宝シリーズの切手■

1958年生まれの私が小学生のころ、切手蒐集(しゅうしゅう)ブームは最高潮に達していた。記念切手の発売日には、郵便局に長い行列ができる。デパートの切手売り場では、少…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]