/

GW中の宿泊施設に休業要請も 政府、名称公表で指針

(更新)
例年、ゴールデンウイーク中は高速道路の渋滞が集中するが

政府は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大型連休中は行楽目的の宿泊施設に休業を要請できると各都道府県に通達を出した。これまで営業の継続を求めていたが、人の移動を抑えるため休業を促す。知事が休業要請をする際のガイドラインも示した。正当な理由がなく従わない場合、管理者に要請・指示を出した上で施設名や住所を公表する。

観光地の遊覧船やケーブルカーも休業要請ができる対象にした。スーパーや商店街は通常の客数を大幅に上回るなど人が密集する場合、事業者に入場制限をするよう知事が求める。入店や会計を待つ列で一定の距離をとる措置も要請した。

休業要請のガイドラインでは、対象施設に事前通知し、その翌日以降に対応が無かった場合に施設名などを知事が公表できると規定した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン