/

富士山も「来訪お断り」 山梨県と7市町村が共同宣言

山梨県と富士山北側の麓に位置する富士吉田など7市町村の首長は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ゴールデンウイーク中の「観光・レジャー目的での来訪は、お断りします」との共同宣言を発表した。道の駅などの観光施設を閉鎖して感染予防対策を取っており、「本来なら来県は大歓迎だが、苦渋の決断」としている。

宣言はほかに、西桂・富士河口湖の2町と、道志、忍野、山中湖、鳴沢の4村の首長の連名とした。

県などは、富士山の山梨側の麓と富士山5合目を結ぶ有料道路「富士スバルライン」の全面閉鎖に向けた検討も始めた。

緊急事態宣言が全国に拡大された後も、山梨県には大勢の観光客が訪れており、ゴールデンウイーク中の観光客の増加が懸念されていた。

山梨県では23日午後3時までに51人の感染が確認されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン