ミャンマー音楽配信、けん引役は中国企業と女性歌手H

コラム(ビジネス)
ネット・IT
東南アジア
2020/4/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミャンマーで音楽配信サービスが広がっている。欧米系の大手サービスはまだ進出しておらず、勢いがあるのは中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)が運営する「JOOX(ジュークス)」だ。ミャンマー語のポップ音楽をいち早く取り込み、大半の曲を無料配信している。同社のサービスはタイやインドネシアなどでも利用者数を伸ばし、東南アジアを囲い込みつつある。

ミャンマーの音楽シーンで2月、平原綾香さんと森崎ウィンさ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]