/

密集防止で商店街に奨励金、1日50万円 東京都

東京都は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、買い物客の密集防止に取り組む商店街に対する支援策の概要をまとめた。4月25日から5月6日にかけて、加盟店が一体となって自主休業や輪番休業をする商店街に奨励金を支給する。金額は1日あたり50万円とする方針。また横断幕やチラシの作製など密集防止を呼びかける費用も助成する。

対象は期間中の土日祝日の計8日間。詳細は現在詰めているが、奨励金は100店舗以上ある商店街を対象とする方向で検討している。休業要請はせず、「自主的な取り組みを支援する」(都担当者)としている。

補助金の支給は、商店街を訪れた人への感染防止の呼びかけや社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保の掲示などを想定している。

都は感染拡大防止のため都民や一部の事業者に外出自粛や休業を求めている。ただ食料品など生活必需品を扱う店は対象外で、休日には生活圏にある商店街を家族連れの買い物客が訪れるなどして感染リスクの高まりが懸念されている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン