プレシジョン、AI診療支援システム 質問30問で病気予測

2020/4/26 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップのプレシジョン(東京・文京)は、人工知能(AI)を搭載した診療支援システムを発売した。患者が診察を受ける前に、タブレットで約30問の質問に答えると、疑わしい病気と必要な検査が分かる仕組み。診察業務を支援して医師の負担軽減につなげる。利用料は年約150万円。5年後までに売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]