運送業のミライズ、ドライバーの委託料前払いサービス

2020/4/23 18:35
保存
共有
印刷
その他

運送会社のミライズ(横浜市)は個人ドライバー向けの収入前払いサービスを始める。通常は業務開始から委託料の支払いまで45~60日程度かかるが、同社が提供するアプリで申請すれば1分程度で口座に入金される。ドライバー不足に悩む運送業者に需要を見込む。

専用アプリ「PAYS」を子会社で開発した。ドライバーはアプリで口座や個人情報を登録。運送業者側が設定した業務委託料の範囲で前払い額を申請できる。手数料として申請額の6%を運送会社側がミライズに支払う。

同社によると、軽自動車による軽貨物運送は8~9割のドライバーが業務委託の個人事業主だという。電子商取引(EC)市場の拡大でドライバー需要が高まる一方、委託料を受け取る前にガソリン代などの経費がかかることがドライバーの負担になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]