/

この記事は会員限定です

中国、ロシアなぞる情報工作 多方面の「超限戦」も

編集委員 古川英治

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた中国の情報工作が目立っている。プロパガンダ(政治宣伝)やSNS(交流サイト)にフェイクニュースを拡散する手法は、米欧の選挙にも介入したロシアの戦術をなぞっている面がある。感染対策に追われる米欧は、工作を絡めた中国の勢力拡大の動きに警戒を強めている。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「グラッチェ・チナ(中国、ありがとう)」。3月、新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2009文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン