/

新型コロナ軽症者は「宿泊療養を基本に」 厚労相

加藤勝信厚生労働相は23日、新型コロナウイルスに感染した軽症者について「ホテルなど宿泊施設での療養を基本としてもらう」と述べた。これまで宿泊施設のほかに自宅での療養も認めていた。感染した人の容体が急変したり、家族に感染したりするケースが出ており、軽症者も医師や看護師が対応できる宿泊施設を原則にする。

東京都など感染者が急増している地域では医療機関の病床が逼迫している。このため軽症者や症状がみられない感染者は、自宅や宿泊施設で療養を始めている。

ただ埼玉県で軽症の男性の容体が自宅待機中に急変し亡くなるなど、問題となる事例が出てきたため、宿泊療養を基本とする方針に転換する。

子どもがいるなど「どうしても自宅でなければならない人」(加藤厚労相)は自宅療養も認める。宿泊施設の準備が間に合わない地域の場合も、自宅を認める方針だ。厚労省はこうした方針を都道府県に通知する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン