/

東北大学、学生支援に4億円

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東北大学は23日、学生向けの緊急給付型奨学金などを含む総額4億円の支援策を発表した。全学生に約2000人の教員を配置し、オンラインによる学業支援を強化する。

東北大の大野英男学長は同日、テレビ会議システムを通した記者会見で「全ての学生が学業に専念でき、前向きに学生生活を送れるようにする」と訴えた。東北大は5月6日までの間、原則としてキャンパスに学生が立ち入ることを禁じ、オンライン授業のみを展開している。

ネット環境が不十分な学生向けにWi-Fiルーターやパソコンを提供し、オンライン授業を円滑に進める支援員を100人雇用する。生活が苦しい学生に対しては個別に相談窓口を設け、事情に応じて緊急給付型奨学金も支給する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン