/

この記事は会員限定です

ペストを描いた西洋絵画 骸骨姿の「死」が人間襲う衝撃

疫病の文明論(1) 中野京子(作家・ドイツ文学者)

[有料会員限定]

真白な翼をもつ天使が正義の証(あかし)の長剣を握り、悪魔を従えてローマの町に舞い立った。とある邸の前で天使は悪魔に命じ、扉を叩(たた)かせる、1つ2つ3つ、いや、もっともっと……その数だけ、中にいる人間が死んでゆく。

19世紀フランスの歴史画家ドローネーが描いた衝撃的な「ローマのペスト」は、聖者列伝「黄金伝説」(13世紀刊)をもとにしている。それによれば、中世初期のイタリアでペストが猖獗(しょ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン