[FT]出稼ぎ労働者の本国送金、1000億ドル減に

2020/4/23 16:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界銀行は22日、世界中の出稼ぎ労働者の本国送金の総額が2020年に1000億ドル(約10兆8000億円)以上落ち込む見通しだと発表した。新型コロナウイルスの世界的な大流行で、経済混乱にあえぐ途上国は主要財源を失うことになる。

各国の相次ぐロックダウン(都市封鎖)により経済が停滞して大量の雇用が奪われる状況の中、出稼ぎ労働者による中低所得国への送金額は過去最高だった19年の5540億ドルから44…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]