/

この記事は会員限定です

FRONTEO、AIで新型コロナ治療薬候補を抽出

[有料会員限定]

FRONTEO(フロンテオ)は既存薬を別の病気に転用する「ドラッグリポジショニング」の研究に使える人工知能(AI)を開発した。このAIを使い、新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補を既存薬の中から複数見つけることに成功した。製薬企業にこの情報を提供し、新型コロナ治療薬の臨床試験(治験)や早期承認につなげることを目指す。

さまざまな病気にかかわる遺伝子やたんぱく質などの分子の関係を図示するAI「カスケード・アイ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン