/

この記事は会員限定です

サイバー防衛 AIも動員

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

サイバー攻撃を防ぐため、機械学習などAI(人工知能)の手法を活用する機運が高まっている。AIのアルゴリズムによって未知のマルウエア(悪意のあるソフトウエア)を高い確率で検知したり、マルウエア侵入後の振る舞いをシステムが観察して異常を発見したりする。大学の研究者がAIを利用した新たなマルウエア検出の手法を提案しているほか、セキュリティーソフトの有力企業もAI活用をうたった製品を競って展開している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン