米ユニコーン、投資減で苦境 コロナ影響7600人超解雇

2020/4/27 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

画期的な技術やサービスを生み出してきた米国のスタートアップが試練の時を迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で主要220社のうち1割超が人員整理に着手し、7600人以上が職を失った。投資額の減少で、潤沢な資金を先行投資に回す事業モデルが崩れつつある。ただ解雇された人材を採用する企業も出ており、スタートアップ内での新陳代謝が始まった。

「会社のサイズを50%減らす苦しい決断をした」。飲食店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]