東芝、コロナでの全社原則休業で出勤率17.6%に

2020/4/23 14:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は20日から5月6日までを予定する国内全拠点の休業により、出勤者の比率が17.6%程度になる見通しだと明らかにした。政府は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、企業に対し出勤者の「最低7割減」を求めている。東芝は休業中も社会インフラに関わる稼働は続けており、出勤者を抑えながら感染拡大を防ぐ。

休業する日程のうち、もともと出勤日に設定していた7日間について調べたところ、出勤予定者は平均で約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]