/

寒梅酒造、消毒液の代替品を製造 医療機関向けなど

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う消毒液不足に対応するため、日本酒「宮寒梅」醸造元の寒梅酒造(宮城県大崎市)は消毒液の代替となる高濃度エタノール「MIYACLEAN73」を製造した。医療機関や介護施設向けに27日にも出荷を始める。

国税庁は新型コロナの感染拡大を受け、醸造用アルコールを消毒用アルコールの代替品として販売することを酒造会社に認めている。

寒梅酒造が造った高濃度エタノールはアルコール度数73にのぼり、720ミリリットルで価格は税抜き1500円。国税庁の特例許可を得るとともに、保健所の基準も満たしている。病院などへ販売するほか、大崎市内の小中学校の全約500クラスに寄贈する。寒梅酒造の岩崎真奈さんは「大崎には東日本大震災時にたくさん助けてもらった。恩返しできれば」と話す。

同社は一般向けの高濃度アルコール品「MIYACLEAN58」も製造した。酒として飲むこともでき、300ミリリットルで税抜き800円。30日から酒販店や電子商取引(EC)サイトで販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン