/

コロナ以外の患者6%が陽性、市中感染か 慶応大病院

慶応大病院(東京・新宿)が4月中旬、新型コロナウイルス以外の患者に対し手術や入院の前にPCR検査をしたところ、約6%が陽性となったことが分かった。同病院は「院外や市中で感染したと考えられる」とし、地域で感染が広がっている可能性を指摘している。

同病院によると、13日から19日にかけて手術や入院をする前の計67人の患者にPCR検査を実施。このうち4人(約5.97%)が陽性となった。いずれも新型コロナの感染を疑う症状はなかったが、無症状の人からも感染するリスクがあるため、院内感染を防ぐ目的で手術や入院の前に検査していた。

同病院は、症状がなく感染している人が市中に一定程度いるとみており「感染の防止に向けてさらなる策を講じていく必要がある」としている。

慶応大病院では3月下旬以降、院内感染が起きた永寿総合病院(東京・台東)から転院した患者をきっかけに医師などが感染。集団で会食した初期研修医の間でも感染が広がり、外来や新規入院の受け入れを制限している。21日時点で「新たな発症者はなく感染拡大はしていない」という。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン