軽症で自宅待機の男性死亡 入院前に容体悪化、埼玉

2020/4/22 22:18
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は22日、新型コロナウイルスに感染していた50代男性が死亡したと発表した。軽症者として自宅待機中に容体が悪化。入院予定だったが、21日に亡くなった。

県や関係者によると、男性は11日に発熱などの症状を訴え、16日に陽性と判定された。症状が安定しており、保健所はすぐ入院する必要はないと判断。自宅待機とし、保健師が毎日電話で体調を確認していた。

男性は20日夜、保健師に具合が悪くなったと伝え、21日に入院することになった。入院前に容体が急変し、病院に搬送されたが死亡が確認された。

県の担当者は「今後、このようなことが起きないように努めたい」とする一方、保健所がこまめに状況を把握しており、対応に問題はなかったとの認識を示した。

県内では感染者用の病床が不足し、22日時点で349人が入院できずに自宅待機中。県は医療機関に協力を呼び掛け、病床の確保を急ぐ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]