ファーウェイ、成長曲がり角 増収率、最低水準も

2020/4/22 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【広州=川上尚志】中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の成長に急ブレーキがかかっている。2020年1~3月期の増収率が1%台にとどまり、20年12月期通期の伸び率も過去10年で最低水準になる可能性が出てきた。米政府による制裁に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で中国のスマートフォン需要が伸び悩む。中国内需とともに成長してきたモデルが曲がり角を迎えている。

「売上高の伸び率は鈍化した」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]