アルコール度数77%の酒、消毒用に 菊水酒造
コロナ異景

2020/4/22 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知県安芸市の酒造会社、菊水酒造は10日、アルコール度数77%のスピリッツ「アルコール77」を発売した。1本500ミリリットル入りで1200円(消費税抜き)。お酒として飲むと思わずせき込みそうな高濃度の新商品だが、新型コロナの感染予防に不可欠な消毒液の代用品として全国から注文が殺到している。

同社の春田和城社長は言う。「消毒液に使われる工業用アルコールと日本酒や洋酒に加える醸造用アルコールの原料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]