紙製で防護マスク 鳥取大病院、県内2社と開発

2020/4/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、鳥取大学医学部付属病院(鳥取県米子市)は県内企業と連携し、使い捨てできる紙製のフェースシールド(防護マスク)を開発した。紙とポリプロピレンを組み合わせたシート状の製品で、手で折り曲げるだけで使用できる。感染を防ぐ医療資材の不足に対応し急きょ開発したもので、4月中に製品供給を始める。

鳥大病院と、同大学発スタートアップのメディビート(同市)、段ボール製造のサンパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]