長野市長、新型コロナの濃厚接触者と判明

2020/4/22 18:59
保存
共有
印刷
その他

長野市は22日、加藤久雄市長が新型コロナウイルスの濃厚接触者に該当すると発表した。新型コロナの感染者と11日に接触していた。25日まで経過観察とし、同日までは自宅で執務する。加藤市長は感染の有無を調べるPCR検査も受けており、結果は陰性だったという。

加藤市長は持病の肩の痛みから、11日に市内の整骨院に通院していた。同整骨院では職場の4人が新型コロナの感染者と確認されており、加藤市長を含む111人が濃厚接触者に該当するとしている。

加藤市長は22日、「市民の皆様にご心配をおかけする事態に至ったことは心苦しい限りだ」との声明を発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]