/

この記事は会員限定です

[社説]富士山噴火に首都の備えを

[有料会員限定]

政府の中央防災会議の作業部会が、富士山が大規模噴火をした際の首都圏への影響を初めてシミュレーションし公表した。都市機能が数週間にわたってマヒする可能性を指摘している。最悪の事態を想定し被害を最小限にする策を練っておく必要がある。

想定したのは、1707年に富士山で16日間続いた宝永噴火と同じ規模の噴火だ。風向きで被害状況は変わる。東京都新宿区で噴火後15日目までに火山灰が10センチ積もることもある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン