時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,921,476億円
  • 東証2部 67,671億円
  • ジャスダック 90,263億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.66倍20.61倍
株式益回り5.35%4.85%
配当利回り2.09% 1.62%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,306.48 +160.52
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,280 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソニー系、Facebookへの広告出稿を停止 [映像あり]

米ビザ制限、日系企業1400人超に影響 赴任に支障

2020年7月3日

イナゴの大群の心理学 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 大川 智宏

2020年7月2日

[PR]

スクランブル

フォローする

来るか「不況下の株高」 悪材料封じる大規模緩和
編集委員 川崎健

川崎 健
編集委員
2020/4/22 19:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

限月交代に絡んだマイナス圏までの原油先物価格の急落は、戻りを試してきた世界の株式相場に冷や水を浴びせた。だが原油市場発の株安は、そう長くは続かないかもしれない。中央銀行の大規模な金融緩和が、株式市場への波及を食い止める可能性が高いからだ。

「原油先物のマイナス価格という衝撃的なニュースの見出しが、利益確定のタイミングを探っていた短期筋に売りの口実を与えた」。JPモルガン・アセット・マネジメントの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム