/

サイバーの純利益4.4倍 10~3月、広告・ゲーム好調

サイバーエージェントが22日に発表した2019年10月~20年3月期の連結決算は、純利益が前年同期比4.4倍の47億円だった。インターネット広告や、新作がヒットしたゲーム事業が好調だった。ただ足元では消費停滞を受けて企業が広告出稿を減らしており、新型コロナウイルスまん延による影響も出ているという。

売上高は7%増の2448億円、営業利益は45%増の202億円だった。広告事業は大型案件が増え、部門別営業利益は28%増の123億円だった。ゲーム事業の部門別営業利益は46%増の155億円だった。インターネットテレビ「アベマ」を含むメディア事業は92億円の営業赤字で、前年同期(90億円の赤字)と同水準だった。外出自粛を受けた「巣ごもり需要」もあり利用者数が増えたが、販促費も増えた。

新型コロナにより「3月に入って広告のキャンセルが発生し、4~6月期以降は影響を免れない」(藤田晋社長)見通しだ。ただ20年9月期の通期業績予想はもともと保守的だったことに加え、上期は想定以上に好調だったとして据え置いた。売上高は4650億円(前期比3%増)、純利益は80億~100億円(同4.7~5.9倍)を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン