コロナ給付金 恩恵どこへ(市場点描)

2020/4/22 20:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で国民1人に一律10万円を支給する方針を打ち出した。市場では現金がどこで消費されるのか、関心を集めている。5月にも申し込みが始まる給付金の総額は12兆円超と巨額だが、その恩恵を受ける銘柄はどこか。

みずほ証券の菊地正俊氏は不要不急の外出を避ける人が当面は多いとみて、巣ごもり消費の銘柄が恩恵を受けやすいとみている。具体的には楽天やメルカリ、出前代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]