/

この記事は会員限定です

EY新日本・片倉理事長「数万枚の書類、整理に時間」

監査作業、在宅で対応しきれず

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大により、3月期企業の決算・監査作業に遅れが目立ち始めている。EY新日本監査法人の片倉正美理事長は日本経済新聞の取材に応じ、数万枚に及ぶ書類の確認など在宅勤務で対応しきれない業務に支障が出ていると話した。監査の時間確保に向け「企業に決算や株主総会の延期を要請している」とした。

新型コロナの影響で、3月期決算の集計や監査が遅れている。在宅勤務が広がるなか、特に支障となってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン