文政権が美酒に酔えない「圧勝」のからくり
編集委員 峯岸博

朝鮮半島ファイル
峯岸 博
編集委員
国際
2020/4/24 0:00 (2020/4/24 5:37更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「180議席対103議席」「民主化以降、与党の最大議席占有率」「16年ぶりの単独過半数獲得」――。15日投開票した韓国総選挙(定数300)は革新系与党が歴史的な勝利を収めた。半面、選挙結果をつぶさに分析すると、美酒に酔いしれてはいられない別の景色が見えてくる。

革新系与党「共に民主党」はライバルの保守系野党、未来統合党を本当に完膚なきまでにたたきのめしたのか。それを指摘した韓国メディアが、文在寅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]