/

この記事は会員限定です

スタートアップと経済活性化(5) 外部との連携のカギ

関西学院大学教授 加藤雅俊

[有料会員限定]

技術や製品の移り変わりが速くなるなかで、企業が単独でイノベーションを生み出すのは容易ではありません。他の企業や大学等との連携で、外部から知識を吸収することによって足りない資源を補い、研究開発でのリスクやコストを分散させることが効率的かつ不可欠な戦略です。開発や商業化までの時間の短縮にもつながります。

しかし、スタートアップ企業が外部組織と連携するのは簡単ではありません。その理由としては、パートナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン