/

この記事は会員限定です

東レ、前期営業益1割減 欧米で車・航空機向け不振

4~6月期影響続く、新型コロナ

[有料会員限定]

東レの2020年3月期の連結営業利益は、前の期比1割減の1280億円程度となったようだ。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車の内装材や衣料品用の人工皮革のほか、航空機向けの炭素繊維の販売が落ち込んだ。自動車会社の工場は国内外で操業が止まっており、売上高の1割強を占める車関連を中心に少なくとも20年4~6月期は影響が続きそうだ。

もともと米中貿易摩擦による中国景気の減速で繊維や樹脂が不振だった。そこに新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン