/

この記事は会員限定です

ディスコ、「闘技場」で鍛えた無借金経営

[有料会員限定]

半導体製造装置メーカー、ディスコが23日発表する2020年3月期の連結決算は、営業利益が従来予想の325億円を上回ったもようだ。そして期末にかけて主力の中国市場が新型コロナウイルスで混乱したにもかかわらず、有利子負債はゼロ。コロナ危機にも揺らがない強固な無借金経営は、社員同士が日々意見を戦わせる「闘技場」で鍛えられてきた。

ディスコは半導体ウエハーを切断したり、研磨したりする「後工程」の製造装置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません