/

この記事は会員限定です

米原油先物、なぜマイナスに? 限月交代のわな

[有料会員限定]

商品市場には「余りものに値なし」という言葉がある。だが、米原油先物は値なしどころか、異例のマイナス価格に陥った。背景には商品先物取引ならではのカラクリも影響している。

商品先物はあらかじめ決済日を決め、将来どれくらいの値段がつくかを市場参加者が考えながら取引する。現在の米原油先物だと21日に決済を迎えた5月物から6月、7月と月ごとに限月があり、2031年2月物まで取引されている。

石油企業などは原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン