新たに乗員33人の感染確認 長崎停泊中のクルーズ船

2020/4/22 11:16 (2020/4/22 15:02更新)
保存
共有
印刷
その他

長崎市香焼町に停泊中のイタリア籍のクルーズ船「コスタアトランチカ」(22日午前)=共同

長崎市香焼町に停泊中のイタリア籍のクルーズ船「コスタアトランチカ」(22日午前)=共同

長崎県などは22日、長崎市香焼(こうやぎ)町に停泊中のイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」で、外国人の乗組員33人が新型コロナウイルスに新たに感染しているのを確認したと発表した。重症者はいない。別の1人の感染が判明したのを受け、濃厚接触者53人と調理担当者4人の計57人を検査していた。

この船に乗客はいない。船会社によると、乗組員623人のうち日本人1人が含まれるが、感染者や濃厚接触者ではない。

厚生労働省クラスター対策班の専門家は同日、クラスター(感染者集団)が発生したとの見解を示した。長崎県の中村法道知事は自衛隊への災害派遣を要請する方針を表明した。

1人の感染を受け検査していた57人のうち23人は陰性だった。残り1人の結果は不明で再検査の結果を待っている。

船会社はコスタ・クロティエーレ。船は当初、中国で修繕工事をする予定だったが、各地での感染拡大を受け、1月29日に長崎市に入港していた。長崎県壱岐市で県内初の感染者が確認された3月14日以降、乗組員の乗り降りはなかったとされていたが、修繕を請け負っていた三菱造船によると、一部の乗下船は続いていた。詳細は不明だが、病院への通院などが含まれるという。同社が船会社などへの聞き取りを進める。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]