/

小池都知事、スーパー入店制限の要請検討 混雑対策で

(更新)

新型コロナウイルスの感染が広がる中、スーパーなど一部の小売店が混雑していることを受け、東京都の小池百合子知事は22日、入店人数の制限を求めるなどの対応を検討していると明らかにした。

都庁で記者団の取材に「入店を何人までにするとか、お待ちになる方々の間隔を取るとか、早急に検討している。協力をお願いしたい」と述べた。

政府の緊急事態宣言に伴う外出自粛要請などを受け、都内の繁華街の人出は減っている一方で、スーパーなど社会生活の維持に必要な施設では混雑した状況がみられる。

小池氏は「スーパーは密な状況に結果としてなっている」と危機感を表明。入店制限や利用時間の制限といった対策を早急に取る考えを示した。

15日に開かれた都の新型コロナ対策の審議会でも委員から「混雑緩和の取り組みは事業者によってまちまちで、来店人数の制限や時間制の導入など、ルール作りを主導することで何かできるのでは」との意見が出ていた。

また、小池氏はパチンコ店が休業要請に応じない場合、個別に施設の使用停止などの対応を取るかどうかについて「国と連携して対応策を決めていきたい」と話した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン