/

ユナイテッド航空 1100億円の公募増資を発表

(更新)
ユナイテッド航空は公募増資で資金を調達する=ロイター

【ニューヨーク=大島有美子】米航空大手のユナイテッド航空は21日、3925万株の公募増資による資金調達を実施すると発表した。価格は1株26.5ドルに設定する。調達額は10億4000万ドル(約1100億円)となる。同社の株価は増資発表後、時間外取引で一時2%超下落した。

調達した資金は「一般的な事業の目的」に使うとしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う旅客数の急減で資金繰りが悪化するなか、自己資本を増強して銀行などから融資を受けやすくする狙いがあるとみられる。

ユナイテッドは米政府から従業員の給与向けの金融支援を総額50億ドル受けるが、21日に米証券取引委員会(SEC)に提出した資料では、別途45億ドルの融資を米政府に申し込む意向を明らかにした。米政府は航空会社向けに給与向け以外で、250億ドルの低利の融資枠を設けている。財務省は「納税者への見返り」として一定の新株予約権を付与するよう求めている。

ユナイテッドは現時点では融資を受ける際の条件の詳細を明らかにしていない。アメリカン航空は47億5千万ドルの融資を申請する方針を明らかにしているが、納税者への見返りとして、発行済み株式の9%に相当する新株予約権を財務省に付与するとしている。

ユナイテッドが20日にSECに提出した資料によれば、1~3月期の税引き前の損益は21億ドルの赤字になったようだ。1~3月期の決算は近く発表する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン