/

メキシコのコロナ感染、1週で7割増 移動を一段と抑制

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコ政府は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が定めた最も深刻な「フェーズ3」の段階に入ったと発表した。同国では感染者数が1週間前に比べて7割強増えるなど、拡大ペースが加速している。すでに不要不急の外出の抑制や学校の閉鎖といった行動規制は5月末まで取り入れられているが、公共の場での人々の移動を一段と抑制することを狙う。

メキシコ政府によると21日時点で新型コロナの累計感染者数は9501人、死者数は857人に達した。ただ同国の検査能力は限られており、保健省は16日時点で実際の感染者数を全国で5万5951人と推計している。感染のピークは5月8~10日と予測している。

州の中には、連邦政府よりも厳しい対策を取り入れているところもある。中部ハリスコ州と中西部ミチョアカン州は20日から、自宅待機や公共の場でのマスクを義務化している。

メキシコ上院は20日、暴力的でない罪を犯した人を対象に恩赦を承認した。2600人以上の受刑者が対象となる。刑務所の収容人数を減らし、新型コロナの感染の危険を引き下げる狙いもある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン