/

静養中のジョンソン英首相、トランプ氏と電話 復帰向け

【ロンドン=中島裕介】新型コロナウイルスに感染し静養中の英国のジョンソン首相は21日、米国のトランプ大統領と電話で協議し、感染拡大の防止に向けた緊密な連携を続けることで一致した。ジョンソン氏は12日の退院以降、ロンドン郊外にある英首相の公式別荘「チェッカーズ」で静養を続けているが、本格復帰に向けて試運転が始まった。

英政府によると電話協議でジョンソン氏は、同氏の体調を気遣っていたトランプ氏に謝意を伝えた。主要7カ国(G7)の首脳が新型コロナ対策で連携することの重要性を確認し、米英自由貿易協定(FTA)交渉の速やかな妥結を目指すことでも一致した。

ジョンソン氏は3月27日に新型コロナの感染を公表。公邸で自己隔離を続けたが発熱などの症状が消えず、4月5日にロンドンの病院に入院した。一時期、集中治療室(ICU)に入るなど容体が悪化し、国内外から心配の声が寄せられた。英首相官邸によると現在、ジョンソン氏は閣僚と連絡を取ってはいるが職務復帰はしておらず、22日の英議会での党首討論もラーブ外相が首相の代理を務める予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン