10万円給付、県職員分の活用検討 広島県知事

2020/4/21 23:21
保存
共有
印刷
その他

コロナ対策で記者会見した湯崎知事(21日、広島県庁)

コロナ対策で記者会見した湯崎知事(21日、広島県庁)

広島県の湯崎英彦知事は21日、新型コロナウイルス感染拡大の緊急経済対策として国が行う現金10万円の一律給付について、県職員が受け取る分を感染防止対策などの財源として活用する可能性に言及した。

県は21日、休業要請に応じる事業者向けの協力金について記者会見を開いた。湯崎知事は会見で「休業する事業者の支援だけでなく、感染拡大を防ぐために必要な事業もある」と指摘。「圧倒的に財源が足りない。どう捻出するかについて、給付される10万円を含めて聖域なく活用したい」とした。

県内の他の市町に同様の考えを呼びかけることについては「ない」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]