/

この記事は会員限定です

豪政府、ヴァージン見切り 「外資系」・赤字続きで

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアの航空2位、ヴァージン・オーストラリアが21日、経営破綻した。新型コロナウイルスの感染拡大による経営悪化で再三にわたって支援を要請してきたが、豪政府は赤字続きで再建が難しいと判断。株主の9割が外資で占めることもあり、見切りを付けた。世界の航空各社も経営は厳しさを増しており、今回の破綻は政府との距離が企業の生殺与奪を左右することを浮き彫りにした。

「政府は引き続き、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン