/

この記事は会員限定です

配当利回り投資の大誤算 実体経済の危機が直撃

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

3月期決算企業の決算発表が始まった。これまでと勝手が違うのは、2021年3月期の予想配当を「未定」とする企業が多いことで、実際、すでに発表した5社中3社は未定だった。今後の内外経済の動向次第では、減配や無配が相次ぐ可能性もある。こんな事態を反映し、配当利回りの高さに注目した投資は当てが外れたもようだ。利回りが高い銘柄ほど、下落率が大きくなる傾向も出ている。「高配当株投資信託」の基準価格も大きく下が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2295文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン