/

この記事は会員限定です

コロナ後の企業中長期ビジョン、投資家が注視

証券部 長谷川雄大

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の影響から決算発表を延期したり業績予想を未定としたりする企業が増えている。当面の業績悪化懸念から買いを手控える投資家も多い。そうしたなかで一部の投資家は、株価の先行きを占う判断材料として経営者の中長期ビジョンに注目し始めた。コロナ禍に耐えうる経営方針を中期経営計画などを通じて発信できる企業はどこか。確たる戦略を市場は求めている。

21日の東京市場で日経平均株価は2%安の1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン