/

商用車2強、燃料電池で組む ダイムラーとボルボが合弁

【フランクフルト=深尾幸生】商用車世界大手の独ダイムラーとボルボ(スウェーデン)は21日、折半出資で燃料電池(FC)トラックを開発・量産する合弁会社を設立すると発表した。2020年中にダイムラーの関連部門を集約した新会社の株式の50%をボルボが約6億ユーロ(約700億円)で取得する。商用車の分野で激しく競う両社の合弁は異例だ。開発費を抑え、早期の量産を目指す。

ダイムラーは傘下の三菱ふそうトラック・バスを燃料電池小型トラックのコンセプト車「eCanter F-Cell」を公開済み

ダイムラーの商用車部門であるダイムラー・トラックとボルボが基本合意し、今夏に拘束力のある契約を結ぶ。燃料電池車(FCV)は水素を化学反応させた電気で走行するため二酸化炭素(CO2)を排出しない。電気自動車(EV)よりコストは高いが貨物を多く載せられ走行距離も長い。長距離用途のトラックやバスなどを開発し、大規模な量産につなげる。

FCV開発で約20年の歴史があるダイムラーに、これまでFCトラックには積極的ではなかったボルボが合流する形だ。両社がそれぞれ開発・生産しているEVトラックや通常の商用車などでは引き続き競う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン