新型コロナ、新潟の生鮮食品価格に変調 生産者支援策も

2020/4/21 17:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店の利用が減ったことで、新潟県の生鮮食品の需給に変化が生じている。高級魚など一部の魚介類の卸売価格が例年より2~3割安くなり、外食店で提供されることが多い食肉なども需要が落ち込む。関連業者はネット販売に力を入れたり、生産者と連携して新サービスを始めたりと、生き残りに向けて知恵を絞る。

「1尾7~8キログラムのブリの卸値が1キロ300円を下回ることも。考えられない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]